ウーマン

防音室に変えるメリットとは!家の資産価値にも良い影響が

資産価値を高める

女の人

楽器のある生活は、心に潤いをあたえてくれます。暇なときには、手にとって好きな曲を心置きなく演奏できるだけでも日々のストレスを発散することが出来るでしょう。全部演奏し終わった後は、何かやり遂げた感を存分に味わいやすいです。しかし、楽器は生活に潤いをあたえてくれる反面、大きめな音を出しやすいので、演奏する場所を選んでしまいます。演奏のし過ぎで、近所から苦情が来てしまったら、演奏しにくくなりますね。そこで、演奏するために部屋を防音にするのはいかがでしょうか。防音室にしてしまえば、思う存分大きな音を出して楽器演奏を満喫できるようになります。近所にまで響き渡らないので、クレームも来にくくなります。リラックスできる空間で、たくさん演奏をしたいなら、自室を防音室に変えるのが得策です。

防音室に変える効果としては、単純に思う存分楽器演奏ができるようになるだけではありません。楽器演奏の練習不足から脱却しやすくなります。周りに気を遣って楽器の演奏がしにくかった歯がゆさがなくなりやすいのです。練習ができないというストレスから脱却できるので、周りを気にすることなく大きな音を出して演奏を楽しめるようになります。それに、防音室にすれば家の資産価値にも良い影響をもたらしてくれます。将来的に家を手放すことになったら、査定の時点で防音室にしたと申告すれば、高額な金額に査定にしてくれる可能性が高まります。防音室はあらゆるメリットが含まれているのです。

集合住宅で子育てする

室内

集合住宅で子育てをしていると、隣や上下階層の人にまで子供の泣き声やドタバタ音が響くのではないか心配になってしまいます。騒音対策として、マットやカーテンを利用すれば、予算がかかりません。

Read More

実績がものをいう

作業員

ドラム向けの防音仕様の部屋にしてもらいたい場合は、業者選びが重要です。音圧の高いのと、振動を伴う低音質の音を作り出しやすい楽器なので、業者選びは施工実績で選ぶのが無難です。

Read More

マットで気軽に

部屋

バンドの練習や作曲活動では音が漏れだしやすいです。予算の都合上、どうしても防音仕様の部屋にしにくいと思ったら、音を吸収する特殊なマットを利用するのがおすすめです。

Read More